独立総合研究所

社の理念

独立総合研究所の理念

わたしたち独研は、考えます。

日本国は今、真の独立を必要としています。その国家の『独立』とは、あくまで諸個人の独立の上に立つと考えます。

諸個人の『独立』とは、性別、職業を問わず、すべての有権者が自律的にあらゆることを決定できることであり、その上に日本のオリジナルな民主主義による社会と、独立した国が生まれると考えます。

日本では『独立』や『祖国』という言葉に対して、「右翼陣営ではないか」という奇妙な誤解を招く傾向があります。しかし独研は、そうした立場に与することは一切ありません。もはや右でもなく左でもなく、まっすぐ真ん中から、独研はすべての調査・研究を実行しています。

また、独研の調査・研究は、企業や政府機関、また社会、祖国、世界に対し、実際に役に立つ、現実の改善を招来する調査・研究であり、いわば「やりっぱなし」「言いっぱなし」の傾向があった従来の調査・研究および提言は行いません。独研はあくまで実務を遂行する、新しいシンクタンクです。

これが『独立』という社名に込めた、わたしたちの決意と理念です。