独立総合研究所

最新レポート一覧

    
2017年7月20日 第865号 ☆ひとこと速報原点版29
加計は偽計なり
「疑惑」があろうことか捏造された
来週の予算委で問われる総理の人間力
▽いつも冤罪造りに奔走する彼ら
▽珍しい電話
▽胸に刻まれた気がかり
▽脱私即的、ここにあり
▽獣医学部新設を拒否する規制と天下りは一体
▽加戸証言の歴史的意味
▽工作に打ち克つ
2017年7月7日 第864号 ☆ひとこと速報原点版28
「ICBMの打ち上げ」ではない
▽アメリカが「誤分析」
▽距離だけでは武器ではない
▽また半歩近づいた
▽意外
2017年7月4日 第863号 ☆ひとこと速報原点版27
小池流マキャベリズムは日本を破滅させる
自由民主党東京はなぜ空前の大敗となったか
▽初めての大外れ
▽稲田失言は誰を直撃したか
▽負けるが勝ち? いえ「負けるが悪い」
▽「国民ファーストの会」の誕生を事実上、宣言
▽ほんとうの恐るべき事態とは何か
2017年6月29日 第862号 ☆ひとこと速報原点版26
目前の都議選はどうなる
▽防衛大臣失言の前から情況は悪化
▽翼賛議会の誕生へ
▽緩みより、焦り
▽謀略に次ぐ謀略
2017年6月23日 第861号 ☆ひとこと速報原点版25
通常国会を終えて、あれこれ その1
▽歌舞伎町は偶然にアラズ
▽悪事が暴かれてなお、カワラズ
▽拉致の犯人たちから勲章
▽重大汚職の臭い、プンプン
▽加計の真相
2017年6月23日 第860号 ☆特集 アメリカの現場から考える その6
司令官室の静かな火花
▽真珠湾のフシギ
▽日本が核武装するとき
▽昂奮する副官たち
2017年6月1日 第859号 ☆特集 アメリカの現場から考える その5
司令官の微笑
▽SACRED(聖なる)・・・
▽安保法制の真の意義
▽自衛隊を置いて他にない
▽質問に込められた意思
▽ほんの少しの微笑の意味
▽身じろぎもせず
2017年5月29日 第858号 ☆特集 アメリカの現場から考える その4
総理官邸の奥
▽腰の引けた金正恩委員長
▽ほんとうに確認したいこと
▽びっくりの活力
▽通訳レスの効果
▽司令官の胸のうち
2017年5月26日 第857号 ☆ひとこと速報原点版 その24
前川事件の真相
▽恐るべき事実
▽大いなる野望
▽その存在は欲を生む
▽そしてスキャンダルは始まった
▽乗せられた朝日と野党
▽ほんとうの政権リスクは秋
2017年5月25日 第856号 ☆特集 アメリカの現場から考える その3
統幕長と太平洋軍司令官、そしてわたしの覚悟
▽自衛隊の改革
▽総理の内心
▽中国とハリー司令官
2017年5月24日 第855号 ☆ひとこと速報原点版 その23
日本も半島有事に臨戦態勢へ
▽異例中の異例の直接人事
▽もっと強硬派
2017年5月19日 第854号 ☆特集 アメリカの現場から考える その2
総理となぜ会ったか
▽「国会議員とは本来、命も要らぬ、カネも要らぬ…」
▽同じ答えを続ける
▽実は当てにならない「総理動静」の記録
▽政権を強くする秘密の一手
▽笑う総理
2017年5月16日 第853号 ☆特集 アメリカの現場から考える その1
テキサスからワシントンDCへ、DCから真珠湾へ、真珠湾から総理官邸へ
▽「分かった。修正します」
▽アメリカン・ヒーローが崇拝するのは誰か
▽誰も買わない
▽総理、防衛大臣、統合幕僚長
2017年4月28日 第852号 ☆ひとこと速報原点版 その22
軍の指揮官はなぜ会おうと考えるのか
あくまでも現場をゆく
▽本当は日本はどうなる、どうする
▽1回で破産
▽鎖国下の国会議員
▽信じがたい、たった一人の力
▽それは年内
2017年4月20日 第851号 ☆ひとこと速報原点版 その21
ポスト森友の政局はどうなる
解散はいつか
▽これがほんとうの安倍流
▽長く変わらなかった判断
▽別の選択肢の登場
▽現時点では2つだけ
▽内緒のシナリオに賛成
▽「半島が年内、総選挙が来年」もあり得る
2017年4月19日 第850号 ☆ひとこと速報原点版 その20
4月末までに半島包囲網を“戦慄の完成"へ
▽カールヴィンソンの戦術的北上
▽ロナルドレーガンの投入へ
▽そのタイミング!
▽意味するものは何か
▽「無いものは無いんだ」と叫ぶ外務省幹部
▽「今回はない」と、なぜ安易に安心するのか
▽準備というよりシミュレーション
2017年4月14日 第849号 ☆ひとこと速報原点版 その19
政権中枢とインテリジェンスの豹変
▽誤解無きよう
▽要人の家族
▽選択肢を一つ落とした
2017年4月7日 第848号 ☆ひとこと速報原点版 その18
新・朝鮮戦争の予行演習
 シリアの毒ガス爆撃基地を殲滅
 習主席の眼前に突きつけた「戦争をするアメリカ」
▽破壊者、現る
▽悪魔の一石が七鳥を落とす
▽わたしはアメリカ軍に警告した
2017年4月5日 第847号 ☆ひとこと速報原点版 その17
北朝鮮のミサイル発射を現実にどうするか
▽党本部で緊急の対策本部
▽既存の設備と既存の法で臨時シェルターを備え、訓練せよ
▽何を考えているのか、保守派の元閣僚
▽由々しき「10%」
2017年4月4日 第846号 ☆ひとこと速報原点版 その16
駐韓大使の帰任の真相
▽事実です
▽ごく短いターム
▽あまりに深刻なリスク
▽総理のリアリズム
2017年3月30日 第845号 ☆ひとこと速報原点版 その15
イギリスに投資してはいけない
英国進出中の日本企業は脱英国を必ず検討すべき
観光にはどんどん行きましょう、ただしテロのリスクは高まる
▽楽観論が危ない
▽移民とドイツが離脱の真の理由
▽UKの瓦解も
▽あらかじめ決裂が二つ
▽観光は大チャンス
▽テロを避けるにはどうする
▽他に選択肢は無かった
2017年3月29日 第844号 ☆ひとこと速報原点版 その14
勝負あった
2017年3月27日 第843号 ☆ひとこと速報原点版 その13
真実 その2
▽ほんとうのポイントは何か
▽もっと多額のケースも
▽事件の意味が逆
2017年3月24日 第842号 ☆ひとこと速報原点版 その12
真実 その1
▽何と時間を持て余す野党エース陣
▽背景は「嘘もあるナァ」
▽自意識過剰はどこでも誰でも失敗につながる
▽猛反対
▽厚顔
▽それこそ間違い
2017年3月15日 第841号 ☆ひとこと速報原点版 その11
世界大乱は深まる
▽話にならない、語るに落ちた
▽アメリカの決定にも影響
▽続く泥沼
2017年3月10日 第840号 ☆ひとこと速報原点版 その10
変転する対北情勢
▽中国の意外なほど明確な意思
▽「その後」が問題
▽日本の世論が持つか?
▽STILL,ON THE TABLE
▽冷淡
▽なんとまァ、本人
2017年3月9日 第839号 ☆ひとこと速報原点版 その9
タテに並べて撃ち、ほぼ狙い通りに着弾
北朝鮮ミサイルの真実・続
▽直線着弾
▽技術進展はわずか
▽移動式発射台を長年、整備
▽北朝鮮製に世界が汚染される
▽統合救出部隊を急げ!
2017年3月8日 第838号 ☆ひとこと速報原点版 その8
北朝鮮のミサイル発射をめぐる真実
▽新段階の技術にアラズ
▽備えなき「平和国家」
▽本気で「斬首」を心配
▽これが真相
2017年2月24日 第837号 ☆ひとこと速報原点版 その7
金正恩委員長が外してしまったモノ
▽言われざる、知られざる戦慄
▽トランプさんの隠れた動機
▽空母打撃群2個が今いる意味
▽北朝鮮は何を持っているか
▽真のレッドラインとは何か
▽日本はどうする
2017年2月17日 第836号 ☆ひとこと速報原点版 その6
忍び寄る米軍の足音
金正男暗殺の真の背景
▽驚かない驚きの第一報
▽殺す理由に乏しい
▽ほんとうはこっちが殺されるべき?
▽享楽人生の果て
▽政権中枢はちょうど1週間前に言っていた
2017年2月14日 第835号 ☆ひとこと速報原点版 その5
あとを引く、お土産論争
日米首脳会談
▽ドラえもんはドラえもん
▽正しいお土産
▽正しくないお土産
▽人事に僭越ながら反対
▽閣僚は日々の振る舞いで、自らの近未来を予言なさる
▽更迭の真の理由
▽衣の袖から鎧が見える
▽長文記事と、その「否定」
▽ある内緒の依頼と、隠されたテスト
2017年2月13日 第834号 ☆ひとこと速報原点版 その4
実は予測可能だった日米首脳会談
メディア、評論家、学者の描く像と真逆のトランプ大統領
▽想定内オンパレード
▽ジャイアン・プレジデント
2017年2月10日 第833号 ☆ひとこと速報原点版 その3
日銀総裁の交代を検討
マイナス金利の中止のために
▽隠れたキーマン
▽誤報
▽群れを離れて
▽総理も官房長官も
▽あなたしかいない
2017年2月9日 第832号 ☆ひとこと速報原点版 その2
安倍政権のアキレス腱
▽ささやかな直言
▽憲法と国会の正体
▽南スーダンの真実
2017年1月27日 第831号 ☆特集 ことしの難題 その1
トランプ大統領の最初の1週間を見てからこそ
さあ、ことしを展望しましょう
▽「トランプの1週間」とは何か
▽壁の現実とは
▽トランプさんの真髄とは何か
▽宮中某重大事件
2017年1月12日 第830号 ☆ひとこと速報原点版 その1
意外なキーパーソン、意外なキー・イベント
▽中国の大好きな古い友人
▽倍返しが怖くて
▽蔡英文ショック

2017年1月5日 第829号 練りに練った靖国参拝
 稲田防衛大臣のリベンジ
▽ヤスクニ・プロブレムの正体
▽ニュース価値が真逆
▽三戦漬けの日本
▽直接の要請
▽素質
▽タイミングが来る
2016年12月28日 第828号 ☆速報
思い込みを覆す場所も訪問
マスメディアは多くが無視か事実上の虚報
安倍総理のパールハーバー訪問
▽民間人では無理でした
▽なんと朝日が取りあげ、産経は無視
2016年12月27日 第827号 沖縄に防衛新時代
水面下で深まる危機
▽実は本格的な戦闘部隊の配備
▽まさかの計画進行
▽ふたつの必須のアドバイス
2016年12月16日 第826号 ★速報 日露その1
「大量の利益を長期間、ロシアに寄越せ。そのあとに何か考えるかも」
日露首脳会談の結果
▽無理です
▽日本を危険に晒しかねない
▽制裁から抜けろ
▽その答弁では失望する
2016年12月16日
第825号 最深部に異様なたくらみ
倒閣を狙う、あり得ない圧力

▽有力政治家と宮内庁の一部幹部が結託
▽あまりにもショッキングな秘密会合
▽魂の被占領が終わらない人々
▽陰謀の中の陰謀
2016年12月9日 第824号 ☆ひとこと速報新々集 その29
秘かなる進言
歴史を刻む12月
▽総理官邸にて
▽真珠湾での慰霊
▽実現
2016年11月25日 第823号

☆ひとこと速報新々集 その28
ショッキングな交渉の実態
北方領土返還交渉
▽決して明らかにならない本当の中身

2016年11月24日 第822号 ☆ひとこと速報新々集 その27
早期解散を見送り
総理が秘かに決断
 臨時国会を延長し国民年金法案の成立へ
▽悪魔とは手を結ぶが…
▽ご譲位をはじめとする来年の特殊事情
▽秘かに回答
2016年11月18日 第821号 ☆ひとこと速報新々集 その26
安倍・トランプ会談の信じがたい背景
指導力を発揮して大きな成果
▽外務省は本当は何をしたか
2016年11月17 第820号 ☆ひとこと速報新々集 その25
ヒラリーが200万票リードも
大統領選の真の経緯
▽最後に票をカウントしてみると…
▽宿命の逆転結果
2016年11月10日 第819号 ☆ひとこと速報新々集 その24
トランプ大統領は公約のキモは実行する
 妙な楽観論に逃げず、日本よ目覚めよ
 改憲、自立への責任
▽現役パイロットでも生活できない
▽自己弁護の雑音は、嘘
▽根拠なき楽観論も、嘘
▽究極のエゴイスト政権
▽実は女性が忌避した
2016年11月8日 第818号 ☆ひとこと速報新々集 その23
早期解散へ急激に傾く
秘かなる『本気の検討』
▽共闘されたらオシマイ
▽簡単ではない民共連携
▽最後の判断はここ
2016年11月4日 第817号 ☆ひとこと速報新々集 その22
世界の眼前で壊れゆくアメリカ
 「FBI事件」の恐るべき真相
▽歴史を変える事件
▽東京支局から
▽真っ黒長官
▽尊厳を傷つけた
▽恥さらし
▽トランプ戦術の非道
▽さらばGOP
▽ヒラリーの無力
2016年10月28日 第816号 ☆ひとこと速報新々集21
意外に限られている解散総選挙の時期
 安倍総理の孤独な判断
▽解散総選挙の不可能な時期とは
▽40減すらも…
▽改憲はケセラセラ
▽強いからこその孤独
2016年10月26日 第815号 ☆ひとこと速報新々集20
プーチンに最低限やらせることは何か
 北方領土交渉のキモ
▽ふたつしかない
▽実は狡猾に全否定のプーチン
▽ここが現実的なポイント
2016年10月21日 第814号 ☆ひとこと速報新々集19
衝撃の人事が進行
  ご譲位問題の裏の裏
▽長官に怒り
▽実は決まっているご譲位
▽アイヒマン登場
▽担当大臣が居ない!
▽何のための警察か
2016年10月19日 第813号 ☆速報 慢心するな安倍政権
政権に大きな懸念ふたつ
中枢に申し入れ
▽イケイケでは困る
▽意義ある孤立
▽国民が受容できないコンセプト
2016年10月3日 第812号

さぁ北方領土交渉 その2
実は何も動いていない恐れ
実務者協議に応じないロシア
▽ことは重大
▽反応無し
▽幻の合意?
▽両外相はパスされて、そして…
▽絶対にパスされないライン
▽何が一体、手応えなのか

2016年9月27日 第811号 ★緊急速報
日本政府とりあえず一安心
初対決でトランプ惨敗
ただし「両方イヤ」が最多数派
▽とるべき簡単な戦術が分かっていなかったトランプ候補
▽最大勢力は「どっちもイヤ」
2016年9月23日 第810号 ☆ひとこと速報新々集18
その緩みが政権の死を招く
日露交渉、民進党代表選、民進党執行部人事に潜むリスク
▽わざわざ奈落の底へ
▽淵源は都知事選の判断ミス
▽ドジョウの大嘘
▽破綻した人事
▽何を仰っている
▽日露交渉の巨大なリスク
2016年9月7日 第809号 さぁ北方領土交渉
まず根っこを考える
そしてロシアへの投資は有益か
▽重大な思い込みふたつ
▽北方領土とはどこか
▽非現実的なのはどっちだろう
▽遙か北の果ての島なのか
▽われらの原点
2016年9月2日 第808号 特集「陛下のご譲位へのみこころ、その深層」5
ほんとうは何が起きているか その3
政治空白に備える内閣
意外に健全な官邸の意識
▽ほんとうは追い詰められた内閣
▽「反日勢力に教えてはならない」
▽秘かに方法論を内定
▽内在する政治空白のリスク
2016年8月26日 第807号 特集「陛下のご譲位へのみこころ、その深層」4
ほんとうは何が起きているか その2
実は政治日程が大きく変わる
経済に一定の影響も
二階幹事長発言が火に油
▽突然のトンチンカン
▽基本中の基本
▽日本の政(まつりごと)を知らず
▽「知らないだけでしょう」
2016年8月19日 第806号 特集「陛下のご譲位へのみこころ、その深層」3
ほんとうは何が起きているか その1
政府と国民は何をなすべきかを考えるために
▽宮中の知られざる動き
▽秘かに動いた元トップ
▽殿下のまさかのお立場
▽聞かざるを得ないこと
2016年8月16日 第805号 特集「陛下のご譲位へのみこころ、その深層」2
まず基本から踏まえよう その2
 陛下のご真意は何か
▽例によって誘導報道
▽実は対照的なビデオメッセージ
▽官房長官は弁解したのではない
▽ここにも教育の問題
▽中国共産党の最終目標
2016年8月3日 第804号 ☆ひとこと速報新々集16
内閣改造に秘めた意思あれこれ
▽わたしは今、何をしているか
▽インテリジェンスは何をしているか
▽なぜ二階幹事長か
▽稲田さんはなぜ防衛大臣か
2016年7月29日 第803号 ☆ひとこと速報新々集15
アジアの新しい危機
  チャイナリスクの本質とは
▽解体の危機はEUだけじゃない
▽中国外交の逆転劇
▽真の背景は経済危機
▽外交の最前線が経済のリスクと直結
2016年7月27日 第802号 ☆ひとこと速報集新々集14
日韓をどうする
▽日韓合意に強く反対
▽在外邦人の子弟へのイジメが悪化
▽総理は承知の上だった
▽「参院選の勝利で慢心なさるな」
▽苦悶する政権中枢
2016年7月22日 第801号 特集「陛下のご譲位へのみこころ、その深層」1
まず基本から踏まえよう
▽憲法をめぐる帝王学の中身とは
▽作られた議論
▽改正憲法もしっかりとお護りになる
2016年7月20日 第800号 都知事選をめぐる真実とは何か
▽倒幕派はいかにして自己改革したか
▽マスメディアの実情
▽復帰第1回の発信、その真意
▽「応援できません」
▽秘の情報
▽内部からの改革
2016年7月19日 第799号 重大事の続発がほんとうに意味するものは何か
▽あちこちで崩れ、そして全体が壊れる
▽陛下の御心(みこころ)の深奥
▽ダッカ事件が真に指差すもの
▽多数派とは誰か
2016年7月13日   番外の2
2016年7月12日   番外
2016年6月10日 第798号 ☆ひとこと速報集新々版 その13
尖閣の真相
▽真の異変
▽中国を読んでいる総理
▽動いている特捜
2016年6月8日 第797号 ☆ひとこと速報集新々版 その12
天下大乱の先を読む
▽例外的な内閣総理大臣
▽報じられない中国経済
▽それでも早期の解散を模索
▽引き受け手が居ない
▽われらの努め
2016年5月30日 第796号 ☆ひとこと速報集新々版 その11
すべて総理の掌(てのひら)の上で
それでも油断は大敵
▽実は驚愕のタブー破り外交
▽延期という半端な策
▽巧みな切り分け
▽驕れる者は久しからず
2016年5月27日 第795号 ☆ひとこと速報集新々版 その10
大胆なり、伊勢志摩サミット
▽外務省は愕然
▽朝日と産経それぞれの本音
▽意外に難しかったのはどっち
▽財務省と総理補佐官の豹変
▽何も言えね~のメルケル、キャメロン
▽勝ったが、そのあとは…
2016年5月25日 第794号 ☆ひとこと速報集新々版 その9
総理に何を伝えたか
▽読売新聞の虚報の1行
▽安倍政権は謙虚であるべき
▽もっとも遅ければ6月1日の早朝
2016年5月20日 第793号 ☆ひとこと速報集新々版 その8
官邸に「ダブル熱」がまさかの再燃
▽当たる
▽ほんとうの経緯
▽日銀の景気見通しは「間違い」
▽独断で決める
2016年5月13日 第792号 ☆ひとこと速報集新々版 その7
世界が壊れる
▽ヒラリーはトランプにこのままでは勝てなくなる
▽ヒラリーはなぜ弱いか
▽トランプは大統領になれば穏やかになるのか
▽クルーズの「ぷっつん」の謎
2016年4月25日 第791号 ひとこと速報集新々版 その6
露呈したことあれこれ その3
▽「倒閣票」の投票をとりあえず先延ばし
▽総理の危機感がいちばん強い
▽熊本地震が変えた
▽来年はもっと悪くなる
2016年4月22日 第790号 ひとこと速報集新々版 その5
露呈したことあれこれ その2
▽熊本地震が政局を直撃
▽熊本現象
▽安倍内閣の怠慢
2016年4月19日 第789号 ☆ひとこと速報集新々版 その4
露呈したことあれこれ その1
▽地震の揺れで原子力災害が起きたことは無い
▽必ず自動停止する仕組み
▽話にならない低さ
2016年4月11日 第788号 ☆ひとこと速報集新々版 その3
パナマが呼び寄せる未曾有の嵐
▽パナマ文書と日本
▽パナマ文書とダブル選挙
▽パナマ文書と世界
2016年4月4日 第787号 ~17年目入り記念号~
☆余話
日本の春に希望を探す
▽敗戦後の日本とは何か
▽海の護りとは何か
▽少女の志、いま実る
2016年3月25日 第786号 ☆ひとこと速報集新々版 その2
語られざること、ふたつ
▽本田内閣参与のスイス大使転出に秘められた「隠し球」
▽安倍総理の現実主義
2016年3月23日 第785号 ☆特集 安保法制施行後の日本をどうする その1
ブラッセルテロに隠された事実
日本の現状にも深刻に関連
▽ベルギーの屈辱と不満
▽空港そのものの改革が即、必要
▽愕然とする日本の実情
▽地下鉄では保安検査ができないのか
▽メディアの実情
2016年3月18日 第784号 ☆ひとこと速報集・新々版 その1
北朝鮮のノドン発射、アメリカのトランプ潰し、本田内閣参与のスイス大使転出
すべては繋がっている
▽北朝鮮のノドン発射はほんとうは何を意味するか。
▽トランプは止められるか。
▽本田内閣参与はなぜスイス大使になるのか
2016年3月11日 第783号 ☆ひとこと速報・新版 その16
日豪の潜水艦開発をめぐって
許しを得て独自に議論
▽キャンベラ → シドニー → 東京 → 豊岡 → 東京 → ホノルル → 真珠湾
▽オーストラリアを舞台に日独仏が激しく競争
▽ブラックボックスが宙に浮いている
▽「信用して欲しい」
▽中国の触手
2016年2月29日 第782号 ☆ひとこと速報・新版 その15
パリは死なず
テロ後もふつうの生活を保つ
危機管理には甘さ
▽驚きのパリ
▽両面のパリ
2016年2月29日 第781号 ☆ひとこと速報・新版 その14
「総理は消費税10%にしないために戦っている」
政権中枢が証言
▽恐るべし、フランス国家憲兵隊
▽実は驚天動地
▽倒閣運動に拍車
▽あくまで戦術的な発言
2016年2月22日 第780号 ☆ひとこと速報・新版 その13
提案のうちひとつは実行
日韓合意の後始末
▽石垣島、沖縄本島へ
▽国会答弁だけでは話にならない
▽「国連で初の見解表明を」
▽「河野談話後の政府見解こそ問題」
▽道は遠い
2016年2月10日 第779号 ☆ひとこと速報・新版 その12
やはりトランプは死なず
【アメリカの終わりをますます映し出す大統領選】
▽ニューハンプシャー州の開票が端的に示すものは何か
▽もはや敗戦国ではない
2016年1月30日 第778号 ☆特別号(その2)
歴史を公正に見直すにはどうすればいいか (その2)
インド講演の中身
▽実際に講演した英語論文
▽和訳
2016年1月26日 第777号 ☆特別号(その1)
歴史を公正に見直すにはどうすればいいか
日印歴史シンポジウムでの講演について
▽親日国が圧倒的多数派
▽重要な特徴がずらり
▽長年の提案、働きかけ
▽成功すれば、もちろん横取り
▽静観
▽学会へも提起
2016年1月19日 第776号 ☆ひとこと速報・新版 その11
小さな台湾が発する大きな動き
【親日の隣国・台湾の総統選も、日本のマスメディアはまともに分析できないのか】
▽中国経済の惨状こそが台湾を変えた
▽本当は、ぶつけてきた
▽英中の野合がもたらす世界の崩壊
▽悪いタイプの業界紙もどき
2016年1月15日 第775号 ☆ひとこと速報・新版 その10
安倍総理のもうひとつの危機
【カネでは解決しない脅威】
▽指導者の究極リスクとは何か
▽ショッキングな会話
▽平然
▽要請という名の圧力
2016年1月5日 第774号 ☆ひとこと速報・新版 その9
「総理は悩んで、ひとりで決めた」
【日韓合意をめぐる深読みはすべて間違い】
▽反日は大損
▽是々非々あるのみ
▽ご縁と偶然
▽年内決着自体が間違い
▽悪魔のささやき
2015年12月28日 第773号 ☆ひとこと速報・新版 その8
最高責任者に問う、日韓の闇
【これが既得権益のやること】
▽排除しておいて呼び出し
▽歴史の公正な見直し
▽獅子身中の虫
▽いったんは留守電
2015年12月22日 第772号 ☆ひとこと速報・新版 その7
新年は「世界転変」の前哨戦
【どこまで偏見がお好きですか】
▽実は、誤報
▽もっとも居心地の良い勝利
▽思い込みが近未来を見誤る
2015年12月21日 第771号 ☆ひとこと速報・新版 その6
あらかじめ壊れた制度を発足させていいか
【国会議員は経済の現場ぐらい見てはどうか】
▽今年も異変の冬
▽顔面蒼白
▽この政党政治は愚の骨頂
▽無理筋の軽減税率が増税凍結の「口実」になる可能性
▽来年3月に政局
2015年12月16日 第770号 ☆ひとこと速報・新版 その5
隠れた最大級の危機
【実は新年2016年の最大不安のひとつ、それはサウジ】
▽キングとプリンスの転落
▽先王の死から始まった
▽急に軍事国家に
▽サウド家発の世界恐慌?
▽なぜ自前資源か
2015年12月15日 第769号 消費増税は実行か凍結か
衆参ダブル選挙はやるかやらないか
ふたつの焦点をめぐって重大な動き
軽減税率の騒動をよそに自公が別の秘密折衝
▽あり得るから否定
▽二階総務会長のいくつもの狙い
▽増税はせず、信を問え
▽公明党からまさかの逆提案
▽総理発言をどう読み解くか
▽で、いつ決める
2015年12月4日 第768号 ひとこと速報集・新版 その4
増税凍結をあからさまに明言
【無理に上げなくてもいい】
【7月10日か9日にダブル選の投開票?】
【オバマさんにやんわり反論】
【ここに隙あり】
2015年12月3日 第767号 ひとこと速報集・新版 その3
「衆参ダブル選挙へ」と官房副長官
2015年11月25日 第766号 ★ひとこと速報集・新版 その2
消費税の軽減税率をめぐる自公の衝突は見せかけ
ほんとうは安倍官邸VS財務省の死闘
【消費税の軽減税率】
2015年11月24日 第765号 ★ひとこと速報集・新版 その1
靖国事件をめぐる真実
警察発表にまで「刷り込み」がある
【靖国トイレ事件】
2015年11月11日 第764号 ☆航空機テロ その2
策に溺れたプーチン大統領が引き起こした
初の航空機インサイダーテロ
▽プーチンの狼狽
▽地中海の現実
▽むしろ脅迫されて
▽虚を突かれた大策士、その名はウラジミール
▽世界は予言し、表現する
2015年11月6日 第763号 ☆速報 航空機テロ
航空史上初の本格的なインサイダーテロ
当初は「事故」と判断
世界への影響は深刻
▽悪夢の交信内容
▽すでに最悪レベルの危機に晒されている
2015年11月2日 第762号 改造のほんとうの内幕(中)
宿痾の克服を狙う総理
加藤勝信大臣に託されたもの
▽油断
▽狙い、意図は正しい
▽兼任批判は当たらない
▽交渉できない担当大臣
2015年10月31日 第761号 ☆特集 安保法制整備後の日本 その2
決裂のあとさき
誰も見たことがないオバマ大統領
実は外交無能の習近平国家主席
▽持ち出したのは明の皇帝
▽CCPの本音がぞろり
▽突然の大激怒
▽オバマさんとは、ほんとうはどんな指導者か
▽ゴーサイン
2015年10月28日 第760号 最悪では人工島攻撃
真の焦点は「工事」
▽中国の「対抗措置」、「報復」は実態が無い
▽我慢も年内まで
▽ほんとうの経緯
2015年10月16日 第759号 改造のほんとうの内幕(上)
目玉は別にあった
報道はほぼすべて誤り
▽勝負どころの大虚報
▽偽情報のすべて
▽無残な「特ダネ」
▽もともと無理筋
▽その奥の意図
▽真の経緯
2015年9月30日 第758号 ☆特集 安保法制整備後の日本 その1
これが現実だ
最前線にこそ根っこが見えている
安保法制で何が変わるか、変わらないか
▽憲法が犠牲者を生む
▽この「実例」を見よ
▽特権に甘んじていて調査になるのか
▽安保法制が無くとも犠牲は出ている
▽国際社会の一員であることからは逃げられない
▽憲法の何がそれを強いるか
2015年9月25日 第757号 ★速報
人事構想を公平な視点で手直し
内閣改造を控えて
▽防衛大臣の交代を撤回
▽イメージ戦略先行は駄目!
▽岸田さんは総理候補になれるか
▽教育改革の継続を
2015年9月17日 第756号 ☆速報 新大臣は誰か
内閣改造と党人事の構想が進展中
実質的に大幅改造へ
▽支えを女性に
▽官邸機能を失うな
▽経産大臣がポイントのひとつ
▽安保法制成立後の防衛をどうするか
▽五輪を真に成功させるために
▽政局を睨みつつ
2015年9月4日 第755号 ☆特集 第3次安倍政権は危機にあるか その25
元総理を巻き込む財務省の戦略
死闘は総裁選にはあらず
消費増税、そして沖縄が主戦場
▽考えつく政治家はこの人しかいない
▽奥の院の内部証言
▽ほんとうの死闘はふたつ
2015年8月31日 第754号 ☆特集 第3次安倍政権は危機にあるか その24
驚きのインテリジェンス
総裁選は無風、水面下ではかつてない死闘
ポイントは「消費税」
▽吐血、嘔吐
▽ある電話
▽まさかのビッグネーム
▽中国も頭に置いて…
▽喜んだ大物
2015年8月25日 第753号 ☆速報 中国経済は本当はどうなる
中国経済は甦らない
根本の構造から来る崩壊現象
▽温家宝捨て身の自己批判
▽顔色を無くした李克強首相
▽経済崩壊の動かぬ証拠
2015年8月11日 第752号 ☆特集 第3次安倍政権は危機にあるか その23
安保法制の採決時機、改造の中身をいずれも明言
前へ進む意志が明確な政権中枢
本当の焦点は経済政策
▽「談話」の裏事情
▽巧妙な血判状
▽すでに採決時期を固めている
▽人事構想もどんどん練っている
▽経済の新政策こそ肝心
2015年8月7日 第751号 ☆特集 第3次安倍政権は危機にあるか その22
個別的自衛権もカケラも行使していない(上)
安保法制案を審議するタイミングで訓練参加
▽正しい努力
▽ブリーフィングの開始
▽発見、そして戦闘機の発進
2015年8月7日 第750号 ☆特集 第3次安倍政権は危機にあるか その21
ユーロとチャイナの根本危機が来る(下)
当面は補正予算、さらなる金融緩和も模索
消費増税延期をめぐって世界の声とせめぎ合い
▽ギリシャ危機はギリシャの危機にあらず
▽危険なチャイナ礼賛
▽仲良しだからこそ利用する
▽法と正義だけの問題ではない
▽中国内部から決して消せない粉飾の動機
▽補正はやる、追加緩和は…
2015年8月4日 第749号 ☆特集 第3次安倍政権は危機にあるか その20
アベノミクスの進化が急務
政権危機の正体
▽「では誰を尊敬するんだい」
▽わずか半年で急変
▽国家最大の義務を放棄した奇怪な国家
▽子供の眼
▽内閣の真の目標は「占領期を終わらせる」
▽救国の策は経済にあり
2015年7月24日   番外
東京コンフィデンシャル・レポート(TCR)全会員へ
2015年7月21日 第748号 ☆特集 第3次安倍政権は危機にあるか その19
ユーロとチャイナの根本危機が来る(上)
当面の救いは円安予測
テーマその2 【世界経済の正体】
▽「ギリシャなんか忘れろ」の大見出し
▽円高ユーロ安よりも円安ドル高
▽お祭り効果
▽滅多にないほど合うタイミング
▽民間主導の円売り
▽ずらりそろい踏み、円安ファクター
▽来年以降は闇か
2015年7月17日 第747号 ☆特集 第3次安倍政権は危機にあるか その18
政権に真の危機
蠢く自民党内の「自称リベラル派」
アベノミクスにも重大影響
▽「石破辞任」を警戒
▽しっかりせよ、若手議員
▽あまりに道理が立たず
▽指導力の欠如こそ
▽チプラス首相が狙うのは「ユーロ残留」ではない
2015年7月8日 第746号 ☆特集 第3次安倍政権は危機にあるか その17
世界遺産をめぐる大失態の真相は何か
やるべきことは何か
責任は誰にあるか
▽政権は岩盤の支持層を失った
▽インフォメーションセンターを逆手に取れ
▽何が起きたか、真相は何か
▽用意されていた呼び水
▽責任は総理にある
2015年6月29日 第745号 ☆速報
ギリシャ危機の正体を解く
▽麻生財務相の本音
▽メルケル首相の本音
▽アベノミクスのほんとうの課題
2015年6月26日 第744号 ☆特集 第3次安倍政権は危機にあるか その16
なぜ韓国は突如、極端に妥協したか
世界文化遺産の問題
日本はほんとうに「勝った」のか
▽実は門前払い
▽勝負は付いていた
▽チャイナマネーで韓国は反日工作
▽やり過ぎショック
▽どのニュースと繋がるか
▽外務省高官の証言
▽中韓が反日でどうしても結託せねばならない理由
2015年6月24日 第743号 ☆特集 第3次安倍政権は危機にあるか その15
岩盤の支持層の離反も
景気回復頼みの危うさ
▽満額回答はあっても
▽景気だけが好材料
▽岩盤の「不支持層」
▽韓国との妥協劇の裏にあるもの
2015年6月12日 第742号 特集 第3次安倍政権は危機にあるか その14
自民党内から野党と組んで倒閣運動
岸田外相擁立の動き
安保法制でせめぎ合い
▽最深部に何があるか
▽岸田擁立を秘かに準備
▽強行採決に向かわせる企み
▽総理はまず何をすべきか
2015年6月5日 第741号 ☆特集 第3次安倍政権は危機にあるか その13
戦後政治史の三つの例外を持つ安倍総理
秋から苦しくなるはずが、もう危機が顕在化へ
政権を支えるのは景気回復
▽地上最大の権力者とも戦う例外ぶり
▽変化した、日本の内閣とアメリカの意思との関係
▽オバマ大統領だけを責められない
▽謎のドイツ人、フランス人
▽なぜただ一度の議会演説で一変したか
▽ほんとうは役人に裏切られた
▽浸透する中国の倒閣工作
2015年5月25日 第740号

☆特集 第三次安倍政権は危機にあるか その12
「これから先は、政権に何も良いことがない」
インテリジェンス首脳が「橋下政変」前に断言
活路は日露と日朝?

▽住民投票の1週間前に「橋下政変」を断言
▽官房長官の慌てぶりが物語るもの
▽橋下政変の果てに…
▽密約、そして強烈な裏合意
▽日露と日朝

2015年5月15日 第739号

☆特集 第3次安倍政権は危機にあるか その11
情報機関の非公開調査では「橋下わずかに優勢」
それでも「橋下敗北、引退」に備える安倍政権
5.11を分岐点に来夏までを見通してシミュレーションする政権

▽目前に迫る分岐点
▽ぶれの大きな北朝鮮リスク
▽大成果は期待薄の外交
▽外交に加えて内政、経済それぞれのリスク

2015年5月8日 第738号 ☆速報
「消費税10%」をめぐり暗闘が開始
総理が動き、財務省は戦闘態勢
官邸中枢の驚きの明言
▽安倍総理が真に消費再増税について今、考えていること
▽帰国後まず誰を呼んだか
▽意外なほどの明言
▽決断はいつか
2015年4月30日 第737号 ☆特集 第3次安倍政権は危機にあるか その10
「逆危機」を打破した演説
中韓には深刻な外交敗北
カギは人間力と、失敗体験
▽まさかの総理の言葉
▽実は相手にされない反日議員
▽中韓の戦術転換
▽日本外交の勝利、そして人間力への信頼回復
2015年4月30日 第736号 ☆特集 第3次安倍政権は危機にあるか その9
日本経済は当面は「買い」
ネガティヴ・キャンペーンに負けないマインドが肝心
内閣の深奥に深刻な不協和音も
▽本来はあってはならない対立
▽「安倍を倒せ」キャンペーンが株式市場も襲う
▽アメリカの景気減速をどうみる
▽株価の持つ真の意味
▽長続きさせるには…
2015年4月17日 第735号 ☆特集 第3次安倍政権は危機にあるか その8
株価2万円の裏側
昨年の5月から仕掛けは始まっていた
あえて3万円は当面、目指さず
▽ショック
▽目的は正しく、手段は危ない
▽この先は?
2015年4月3日
第734号 ☆特集 第3次安倍政権は危機にあるか その7
政権のアキレス腱は拉致事件
総理と家族会の面談をまえに政権中枢と議論
腐った組織は解体せよ
▽舐められて交渉できるか
▽朝鮮総連という虚像
▽家族会にも工作の魔手
▽信じがたい訪問と質問
▽ほんとうは何を話したか
2015年3月27日 第733号 ☆速報 ドイツ機の墜落は何を意味するか
実は新しい個人テロの登場
メディアの無理解に騙されるな
ジャーマンウイングス機の墜落
▽ほんとうはどんなメディア取材があったか
▽誤解を充満させるメディア
▽自衛と世論の喚起
2015年3月24日 第732号

☆特集 第3次安倍政権は危機にあるか その6
プーチン大統領と共倒れを懸念
安倍総理と官邸
安倍外交のひとつの危機

▽異様そのものの焦燥感
▽プーチン大統領を背後から支えるのは誰か
▽プーチン抹殺もちらつかせ…
▽安倍外交の危機のひとつ

2015年3月23日 第731号
☆特集 第3次安倍政権は危機にあるか その5
水面下でアメリカの政権与党が圧力
議会演説、談話で苦悩する安倍総理
見逃されていた陛下のご発言
  
▽外交の勝利がむしろ悩みに
▽卑劣な作戦
▽中韓も招待し日本叩きに加担
▽保守の高官の実態
▽読み上げた原稿
▽御心を汲まない悪弊
2015年3月6日 第730号 ☆特集 第3次安倍政権は危機にあるか その4
統一地方選挙へ初めて好材料
しかし強まる公明依存
5.17危機説
▽深まる構造危機
▽非公表調査で悪材料
▽足元すら統治できない
▽政界再編にも暗雲
▽カジノが絡む
2015年2月27日 第729号 配信【米国カリフォルニア州サンディエゴ発】
メタンハイドレートをめぐり自治体、良心派学者との連携に希望の兆し
アメリカ依存から脱するカギ
▽メタンハイドレート実験炉によって発電してみせる段階
▽実験炉の規模と輸送手段
▽小型、そしてバス
▽県予算をめぐる提案
▽仮合意でも画期的な合意
2015年2月27日 第728号 配信【米国カリフォルニア州サンディエゴ発】
アメリカの実力を知る
テロの時代のさなかに大穴も
▽一民間人として初の安全保障協議へ
▽国の玄関が憎悪を生む
▽この大穴
▽アメリカを知り、日本を知る
2015年2月23日 第727号 ☆第三次安倍政権は危機にあるか その3
実は進んでいる改憲準備
早ければ来年に初の国民投票
遅くとも来年前半に実施へ
▽メタンハイドレートで新提案
▽支離滅裂でも国政へ?
▽計算し尽くしたアドバルーン
▽8か条の本気
▽ハードルはとっくに下げられている
2015年2月20日 第726号 ☆第三次安倍政権は危機にあるか その2
テロ事件に乗じた倒閣工作が進行
野党が直接関与
マスメディアが実質的に連携
▽涙の記者会見は裏で政党が直接セット
▽開いた口がふさがらない実態
▽絶望するには早すぎる
2015年2月13日 第725号 ☆第三次安倍政権は危機にあるか その1
自称イスラーム国テロ事件の隠された真相
ウクライナ情勢の真実
第三次安倍政権は本当は何と向かい合っているか
▽後藤さん解放の可能性はあった
▽初改革
▽表層型メタンハイドレートだけに言及
▽骨抜きのリスク
▽原発の真の課題
▽プーチンの驕り
2015年1月30日 第724号 臨時速報 その2
真実の経過は依然、シンプル
誤認する日本のマスメディア、「専門家」
▽局面の転換はあった
▽疑念、懸念、暗転
▽マスメディアの愚かなミスリード
▽経過は依然、明白
2015年1月28日 第723号 臨時速報
現地と直接、やり取り
ISISによる日本人殺害予告
2015年1月23日
第722号 【インド・コルカタ発】
インドに歴史の共同研究などを提案
▽講演の予定稿全文
2015年1月9日 第721号 ☆短期特集 総選挙後はどうなる その5
中韓の工作に晒される第三次安倍政権
日朝交渉にも中韓がくさび
  
▽中韓の工作に自民党の大幹部が呼応
【中韓の政権内部への工作】
▽中韓は金正恩第一書記を実は支援
【拉致事件】
▽接近しすぎるな!
【総理の中東歴訪】
2014年12月30日
第720号 ☆短期特集 総選挙後はどうなる その4
自公連立に明日はあるか
第三次安倍政権が分岐点
【沖縄】
▽ダーティ・マネー
【総選挙結果】
▽勝って難しくなる国会運営
▽自公連立はもはや国益に反する
▽防衛相をめぐる新しい不安
▽毒をもって毒を制す
▽本質はルサンチマンで動いている人
2014年12月27日
第719号 ☆短期特集 総選挙後はどうなる その3
安倍総理は今、どんなリーダーか
▽大戦の初期に何があったか
▽救いはある
▽「楽しみにしています」
▽始まった日朝の秘密協議
2014年12月26日
第718号 ☆短期特集 総選挙後はどうなる その2
実は真珠湾攻撃だった総選挙
衝撃の総括
▽総理の仏頂面の真実
▽パールハーバーとミッドウェー
2014年12月15日 第717号 ☆短期特集 総選挙後はどうなる その1
巨大な不安の幕開け
1年半後を見通して
▽次の参院選が危ない
▽このままでは惨敗が不可避に
▽神業のような「ただひとつの手」
▽もっと根深いツケも回ってくる
2014年12月12日 第716号 ☆短期特集 総選挙はこうなる その3
投票率に重大懸念
野党の保守系にすでに「選挙後の再編」へ動き
▽史上最悪の可能性あり
▽勝敗ラインは60%
▽憲法改正の発議へ動きも
2014年12月12日 第715号 ☆拉致事件は一体どうなっているか その3
当事者にぶつけて議論する拉致事件(続)
総選挙で「力」を付けるしかない
▽「クリティカル・アポインティ」とは
▽交渉権を移せ!
▽官邸に新チームを
▽はらからを見捨てない
2014年12月5日 第714号 ☆短期特集 総選挙はこうなる その2
「自民300超え」の一斉報道は本当は何を意味するか
▽中韓も利用
▽枝野幹事長の工作
▽あからさまな世論工作
2014年12月5日 第713号 ☆拉致事件は一体どうなっているか その2
当事者にぶつけて議論する拉致事件
第3次安倍内閣誕生後のアキレス腱になる恐れも
▽特命くだる
▽「確かに行き詰まりだ」
▽新チームの虚実
▽やはり、ずれている
2014年12月1日 第712号 ☆短期特集 総選挙はこうなる その1
安倍降ろしが選挙戦のさなかに進行
油断している安倍総理、官邸
背後に複数の中央官庁
▽処方箋を捨てるな
▽甘い、甘すぎる政局観
▽めでたく過半数割れ?
▽財務省の付けた尻尾が見える
▽「次はもっと工夫する」の財務省
▽今度は安倍さんが舐められる
▽政権の正統性を保て
2014年11月28日   番外
☆短期特集 総選挙はこうなる その準備号
2014年11月14日 第711号 ☆拉致事件は一体どうなっているか その1
拉致事件を解散の嵐で置き去りにするな
総理はなぜ今、総選挙を決断したか
▽利害なき(非力な)進言
▽憲法改正という最終目的のために
▽クリスマス組閣へ
▽拉致被害者と家族を犠牲にするな
2014年11月04日
第710号 ☆ひとこと速報集 63
再増税と衆院解散のほんとうの関係
▽言い切った総理の意思
▽「まさしく、そこが肝心」
▽単純に教えてもらったのではない
▽根本的な出直し
2014年10月30日 第709号 ISIS、その悪魔の歯車
▽国境線を変更する実力
▽油田襲撃の目的が一変
▽呆れるほどたっぷりの資金
▽「首都」の内情は驚異的
▽国家の理念が求められている
2014年10月20日 第708号 ☆ひとこと速報集 62
世界経済に新旧の巨大リスク3つ
▽従来の医学常識より庶民感覚が正しい
▽高官は非公式には何を語る
▽人類の経済活動を阻害も
▽限界を超えた
2014年10月17日 第707号 ☆ひとこと速報集 61
日本に未曾有の危機と好機
しかし対応できない安倍改造内閣
▽好機にも危機にも対応できない
▽2閣僚辞任のケースも
▽来年4月のダブル選挙を模索
2014年10月10日 第706号 ★緊急報 その2
エボラ対策の緊急強化をただちに指示
総理官邸
2014年10月10日 第705号 ★緊急報
エボラで総理をはじめ政権中枢に直接提言
▽緊急の提案、要請
▽政府の水面下の動き
2014年9月29日
第704号 ☆特集 改造内閣のゆく坂道 その3
改造内閣に報道されざる弱点あり
内部証言から考える
▽派閥人事がほんとうは復活
▽「何もできない会長」を守る態勢
▽チャンスはある
▽不安の種のふたり
▽安倍総理は朝日騒動をどう見ているか
▽朝日社長会見の真相
▽前代未聞
2014年9月16日 第703号 ☆特集 改造内閣のゆく坂道 その2
小野寺防衛相、田村厚労相はなぜ再任されなかったか
内閣改造、その水面下の真実
▽小野寺防衛相を再任せずの謎
▽本気で民衆の幸せを考える人
▽そもそもなぜ防衛相に起用されたか
▽インテリジェンスは何を指差したか
▽直接のやり取り
▽唯一の正義ではないが…
▽なぜプロを退任させる?
▽改憲内閣への凄絶な、病んだ圧力
2014年9月4日 第702号 ☆特集 改造内閣のゆく坂道 その1
対中韓から見た改造
意外にしたたかな安倍人事
▽悪性ガス
▽太ったハトの圧力
▽5人の布陣
▽リスクはある
2014年9月2日 第701号 ☆ひとこと速報集 60
和平だから戦う
「プーチン侵攻」の真実
▽逆の証左
▽むしろ、だからこそ
▽新しい試み
2014年9月2日 第700号 ☆ひとこと速報集 59
内閣改造・党人事あれこれ
▽前日にも売り込み電話
▽総理に伝えたこと
▽政権の姿勢が問われる
▽さて結果は…
2014年9月2日   番外
700号を迎えて
2014年8月28日 第699号 ★内閣改造速報
内閣改造・党役員人事の重要部分が判明
マスメディアの報道は多くが嘘
▽改革へ一転、留任
▽女性閣僚はこうなる
▽まさかの低評価
▽「石破問題」を総理は、そして石破さん本人は本当は何を考えているか
▽幹事長はどうなる
2014年8月27日
第698号 ★緊急速報
安倍総理が重大決断
敗戦後日本外交の転換点に
▽転換点
▽トランクの中身
▽報道はされていない
▽ふたつの理由
2014年8月25日 第697号 ☆特集 政権危機の接近 その7
日米関係の真のキーパーソンは誰か
オバマ大統領の実像が示す意外な事実
▽アメリカの政府、軍にとって民間人と会う意味はどこにあるか
▽キーパーソンの謎
▽オバマ大統領の正体
▽誤解を解く意義
2014年8月15日 第696号 ☆特集 政権危機の接近 その6
【ワシントンDC発】
意外に強い安倍総理への期待
オバマ政権の内部
▽工作としてのシンポジウム
▽安倍談話
▽薄れていない期待感
2014年8月8日 第695号 ☆特集 政権危機の接近 その5
運命の分かれ目は幹事長と安保法制担当相
総理と幹事長の真意は…
▽硫黄島
▽代案を示す責任
▽堅い意思
▽観測気球だらけ
▽ストレートに提案
▽改造に元々は反対
▽機能不全もあり
▽兼任しかない
▽国益を損ねる
2014年7月31日 第694号 ☆特集 政権危機の接近 その4
さらに原発再稼働の課題
保身主義を脱せられるか、第二次安倍政権
▽8課題とは
▽変えられた日本経済
▽10月は甘い
▽身を捨てる新大臣を起用せよ
2014年7月29日
第693号 ☆特集 政権危機の接近 その3
安倍総理が早期解散を模索
この秋に入り乱れる内外のウルトラ難題
▽総理からの伝達、問いかけ
▽統一地方選とのダブルを検討
▽自民党総裁選との“ダブル”は後退
▽7つのビッグ・イッシュー
2014年7月25日 第692号 ☆特集 政権危機の接近 その2
実は強い安倍外交
しかし側面攻撃で揺らぎも
▽安倍外交は強いか、弱いか
▽秘密交渉と秘密工作
▽たったそれだけで…
▽愚かな都知事“外交”
2014年7月22日 第691号 ☆特集 政権危機の接近 その1
安倍政権の危機の正体は何か
▽安倍総裁が党運営に失敗
▽地方が見えない
▽まさか菅さんまでが…
▽天が見放しつつある?
2014年7月18日 第690号 ★緊急速報
マレーシア航空機は、親ロシア派のBUKミサイルによる撃墜
日米英のインテリジェンスの見方
▽アメリカは撃墜の瞬間を見ていた
▽ウクライナ、親ロシア派の双方が嘘
▽これがニュースの尻尾
2014年7月4日 第689号 ☆ひとこと速報集 58
実は危機に直面する安倍政権
7月、11月のダブルショックも
メディアの「安倍高揚」説とは裏腹

▽総理の深刻な心境
▽「徴兵制」デマゴーグも奏功
▽「ノー」の3連発
▽安倍総理の人選ミス
▽3期目に「ノー」
▽保守を捨てた沖縄の保守
▽アメリカ離反のリスク
2014年6月27日 第688号 ☆ひとこと速報集 57
ふとしたことから分かる恐るべき実態
中韓・北朝鮮の工作員はどこでどう活動しているか
▽「われわれは使わない」
▽その店の正体
▽「チャイナ・スクールですから」
▽自民党名門派閥の正体
▽リストすらある
2014年6月20日 第687号 ☆ひとこと速報集 56
衆院解散・総選挙は「来春までに」が基本に
石原失言が狂わせた「サプライズの秋」
衆参ダブル選挙も消えず
▽この秋なら空前の勝利か
▽次善の策
▽避けるべき改造を避けられない?
▽2月選挙も
▽慎重論も健在
▽変えるにはどうするか
2014年6月19日 第686号 ☆ひとこと速報集 55
誰が「撃墜の動き」を証言したか
日米の食い違いは何か
▽当たった米軍の懸念
▽自衛官が米軍に話した
▽牛の歩みでも
2014年6月16日 第685号 ☆ひとこと速報集 54
中国軍機の異常行動は軍部の独走ではない
単なる接近でもなく撃墜の準備
▽撃墜死を覚悟
▽重要な共通点
▽共産党の指示に基づく空軍の新方針
▽日本よ、腰を引くな
2014年6月9日 第684号 ☆特集 「小康政権」の光と影 その8
中韓の反日工作への対応をアメリカ軍が約束
ホワイトハウスにも伝達
サイバー戦強化で合意
▽今どこで何をしているか
▽アメリカ軍も舐められている
▽グレーゾーンとは何か
▽韓国の反日政策の正体は何か
▽ウェブカメラ設置、ブラックボックス開示の相互提案
▽自衛隊はサイバー戦対応が遅れている
▽中国軍内部のアメリカ人ハッカー
▽日本の根っこへの関心
2014年6月3日 第683号 ☆ひとこと速報集 53
救いのない政局にも汲むべきはある
橋下VS石原の分裂劇が示す真実
▽石原慎太郎さんは騙された
▽「石原を切ってくれ」
▽笑いを噛み殺し…
▽なにが石原慎太郎を鈍らせたか
2014年6月2日 第682号 ☆ひとこと速報集 52
9月、あるいは8月下旬以降は狂瀾怒濤か
拉致被害者の一部帰国、北方領土の新合意、衆院解散、尖閣の非常事態
可能性としてはすでに存在
▽中国は日本の何を奪っているか
▽中国に近い地元の皮膚感覚
▽日本社会の歪み
▽レポートの即応
▽総理の見通し
▽日朝の裏合意
▽制裁解除は単なる序の口
▽日露で進めている裏交渉
▽サプライズを模索する安倍総理
▽「まさか」の事態も
2014年5月30日 第681号 ☆ひとこと速報集 51
拉致の「全面調査」で合意は予定通り
しかし「全面」ではなく勝手な「選択帰国」
▽硫黄島へ
▽硫黄島から
▽予定と予想の通り
▽唯一の救い
2014年5月23日 第680号 ☆ひとこと速報集 50
総理が動き始めた
▽反日工作に苦しむ子供たちを助けよう
▽まず、ごく普通の主婦たちが動いた
▽まず一つの提案
2014年5月9日 第679号 ☆ひとこと速報集 49
政権中枢に強い危機感
焦点は中韓ではなく「株価」
安倍総理が黒田日銀総裁と水面下で協議
▽順風満帆か?
▽懸念あれこれ
▽一粒で二度まずい?
▽思い詰めた高官
▽そろそろやってもらわねばならない
2014年4月24日 第678号 ☆特集 「小康政権」の光と影 その7
オバマ来日の夜に何があったか
そしてメタンハイドレート開発の現状はどうか
▽作り笑顔ではなく…
▽ある夢想
▽国の予算を独占し、民間と自治体の連携を潰す
▽真の理由ふたつ
▽放置され、葬られる
▽ただ祖国とアジアのために
2014年4月22日 第677号 ☆特集 「小康政権」の光と影 その6
本物の自由な議論こそ現政権に必要
アメリカ太平洋空軍との意外性に満ちた討論
▽中国に妥協せず
▽「嫌いだ」と明言
▽現場の重大な動き
▽二つの問題
▽なぜ踏み込んだ議論ができないか
2014年4月7日 第676-2号 ☆特集 「小康政権」の光と影 その5
同じ敗戦国に学ぶ
かつての敵にも味方にも新しく学ぶ
日本の道を切り拓く
▽敵も褒めるべきは褒め、学ぶ
▽「敗戦国だから」は理由にならない
▽いま脱・敗戦国
2014年4月4日 第676-1号 ☆特集 「小康政権」の光と影 その5
危機感薄いアメリカ空軍
その一方で期待と関心
▽信じがたい呑気(のんき)発言
2014年3月31日 第675号 ☆特集 「小康政権」の光と影 その4
中国軍の尖閣攻略プランをどうする
アメリカ側が関与の強化を約束
▽たまらず再び失笑
▽関与を強める
2014年3月31日 第674号 ☆特集 「小康政権」の光と影 その3
アメリカ軍はパククネ大統領に困惑
「パククネ個人の問題にするな。歴史を見よ」
▽新しく参加した幹部とは…
▽パククネ大統領への米軍の困惑
▽苦しい、すり替え
▽対等な同盟をつくろう
2014年3月31日 第673号 ☆特集 「小康政権」の光と影 その2
第二次安倍政権でもやれないことは何か
敗戦後の日本の正体を問う
▽愚者は軍事を語らず
▽東京大学の恥ずべきタブー
▽同じ思い込みを世界の現場で糺(ただ)す
2014年3月25日 第672号 ☆特集 「小康政権」の光と影 その1
苦難と好機が紙一重の安倍外交、アベノミクス
壁は中韓よりもアメリカ
▽せいぜい小康政権
▽気分に支配される政治
▽7年半から8年が必要
▽ハワイはただの観光地ではない
2014年3月10日 第671号 ☆ひとこと速報 48
波騒ぐ南シナ海
マレーシア航空機消息不明を中国が「利用」
日米のインテリジェンスが注目
▽動いたインテリジェンス
▽思い込むと中国に利用される
▽一見はテロ、実は事故?
▽さざ波が立ってはいない
▽中国の明確な意図と動き
2014年3月3日 第670号 ☆特集 二年目の第二次安倍政権 その6
政界、経済界、ジャーナリズムに広く浸透
北朝鮮の古典的な工作活動
改憲、保守新党を問う-野党大物と一対一の議論(完結)
▽…とまでは言えない、そこがミソ
▽許されざる油断
▽真っ当な総理判断
▽一度でもあれば終わり
▽「保守新党」の凍結
2014年2月17日 第669号 ☆特集 二年目の第二次安倍政権 その5
改憲、保守新党を問う
野党大物と一対一の議論 (その後)
▽実行された口約束
▽まさしく現場写真
▽なぜ主権者は怒らない?
▽国家公務員の女性たち
▽懸念は正当
2014年2月10日 第668号 ☆ひとこと速報 47
都知事選とは何だったか
舛添都政はどうなる、安倍政権はどうなる、小泉・細川はどうなる
▽わたしは誰に投票したか
▽ほんとうの争点は隠された
▽舛添、宇都宮、細川各候補それぞれの正体
▽舛添都政はどうなる
▽安倍政権はどうなる
▽小泉さん、細川さんはどうなる
▽では何をすべきか
2014年1月31日 第667号 ☆特集 二年目の第二次安倍政権 その4
改憲、保守新党を問う
野党大物と一対一の議論 (下)
▽「朴槿惠大統領は素晴らしい指導者だ」VS「とんでもない。韓国民にとって
も厄災だ」
▽「アベノミクスは国民を危機に連れ込む」、「いや違う。世界が期待している」
▽改憲は最優先か、最優先ではないか
▽利害関係なく・・・
2014年1月28日 第666号 ☆特集 二年目の第二次安倍政権 その3
改憲、保守新党を問う
野党大物と一対一の議論 (中)
▽奇怪なアルバム
▽こちらも、もう組まない
▽いわゆるA級戦犯の「分祀」論をめぐって
▽総理は右翼にアラズ
2014年1月27日 第665号 ☆特集 二年目の第二次安倍政権 その2
改憲、保守新党を問う
野党大物と一対一の議論 (上)
▽「よくぞ、忘れずに…」
▽野田ではなく
▽公明党はなぜ先祖返りするか
▽「まさか、その写真とは…」
2014年1月20日 第664号 ☆ひとこと速報 46
名護市長選が真に示すものは何か
▽高官の薄笑い
▽懸念の根っこ
▽弱体化戦術が裏目
▽一寸先の闇とは・・・
2014年1月17日 第663号 ☆特集 二年目の第二次安倍政権 その1
世界の世論を変える、沖縄の世論を変える、マスメディアを内部改革する
ひそかな3つの提言
▽提案の1 世界の世論を変えるために
▽提案の2 沖縄の世論を変えるために
▽提案の3 マスメディアの内部改革のために
▽ちいさな・・・
2014年1月6日 第662号 ☆ひとこと速報 45
変化を活かす新年であるために
▽フランスが実は変化している
▽なぜ嫌日から親日へ
▽解体しつつでないと、できない
▽マスメディアも少しでも変えるために
2013年12月27日 第661号 ☆ひとこと速報 44
第二次安倍政権、満一年の師走あれこれ(その2)
▽例外の年
▽5つのこと
▽真の意義はどこにある
2013年12月27日 第660号 ☆ひとこと速報 43
靖国参拝の真実
▽現場からメディアを改革
▽密かなる提案
▽中国が食い込んでいる
2013年12月26日 第659号 ★特別速報
安倍総理、靖国参拝へ
2013年12月24日 第658号 ☆ひとこと速報 42
▽ひとつの重大問題とひとつの課題
▽野党の合流・強化をむしろ歓迎
▽改憲への道筋
2013年12月2日 第657号 ☆ひとこと速報 41
中国軍の計画を把握していたインテリジェンス
▽中国軍は、おのれの非力を分かっていながら・・・
▽激化している中国軍内部の権力闘争
▽安保をしばらく遠ざける
▽意見が合わない
2013年12月2日 第656号 ☆ひとこと速報 40
「消費税10%」をめぐる安倍総理の本心
▽政権の驕り
▽総理の演技
2013年11月29日 第655号 ☆ひとこと速報 39
現知事、元知事、いずれも逮捕を検討
▽逮捕の可能性が増大
▽贈収賄も
▽ボスの逮捕も視野
▽なにが猪瀬知事をそうさせたか
▽知事選をすでに準備
2013年11月29日 第654号 ☆特集 深きも深い真実 その4
イランは核爆弾製造をやめない
いずれ別次元の危機が来る
▽一方で絶讃、一方で無条件否定
▽6か国協議の二の舞
▽イラン特有の事情
▽大使の眼がきょろきょろ
▽イランの民衆の実像
▽イランが核開発をやめない理由
▽ありありと目撃
▽「なぜメタンハイドレートか」のもうひとつの理由
2013年11月26日 第653号 ☆ひとこと速報 38
米空軍、海軍とも衝突の危機
中国の不法な防空識別圏の設定
2013年11月15日 第652号 ☆特集 深きも深い真実 その3
拉致事件の恐るべき現状(その3)
進む交渉、危ない交渉、迫られる決断
▽密告、通報
▽生きている
▽猪木議員の個人的動きにあらず
2013年11月11日 第651号 ☆特集 深きも深い真実 その2
拉致事件の恐るべき現状(その2)
進む交渉、危ない交渉、迫られる決断
▽聞かないわけにいかない
▽ほんとうの含意
▽ほんとうの答え
▽生存の否定ではない
2013年10月29日 第650号 ☆ひとこと速報 37
新しい「天安門事件」
▽脅し
▽爆発音
▽11月12日へ向けて
▽動き始めた当局
2013年10月25日 第649号 ☆ひとこと速報 36
政権に危険な兆候
▽初体験
▽盗聴されています
▽公然の秘密とは、このことなり
▽デジャブ
▽目立たぬように
2013年10月18日
第648号 ☆ひとこと速報 35
12月半ばから1月半ばに逮捕も検討
自治体、安倍内閣を巻き込む大型疑獄事件が水面下で進行
▽ターゲットは別にある
▽選挙違反は単なる入り口
▽その名は・・・
▽Xデイはいつ
▽さらに驚きの名が・・・
▽懸命の内部調査
2013年10月7日 第647号 ☆ひとこと速報集 34
中国が実際に妨害工作
東京オリンピック招致
▽文科相らの生々しい証言
▽BBCを舞台に中国が工作
▽実は安倍総理はいったん「ノー」
▽タブーを破ると決意
▽久子さまの厳しい指摘
▽「言わないことにせよ」
▽打破すべき、発信すべき
2013年10月2日 第646号 ☆ひとこと速報集 33
消費増税をめぐる安倍総理の本心
30日深夜から1日未明にかけ最後の意見具申
▽演技だった
▽「消費増税のせいではなかった」という判断
▽だが消費者には定説ではない
▽法人税29%が本心?
▽「おお、その通り!」
▽総理は中間派
▽脅しもあり
▽矛盾をはらんだ総理会見
2013年9月30日 第645号 ☆ひとこと速報集 32
されど野望は死なず
堺市長選で橋下陣営大敗
▽松井大阪府知事の敗因分析は違う
▽橋下大阪市長の敗因分析も違う
▽敗因の根っこは何か
▽ハシモト流の破綻
▽しかしハシモトは死なず
▽安倍さんとの関係はどうなる
2013年9月27日 第644号 ★緊急速報 日本海のメタンハイドレート最新調査
重要な新発見の成果が上がる
▽実力を確認した民間船を活用
▽誤報と言うべき報道も
▽重要な新発見
2013年9月26日 第643号 ☆特集 深きも深い真実 その1
拉致事件の恐るべき現状
進む交渉、危ない交渉、迫られる決断
▽驚くほかない愚問…「今どうなっているんですか」
▽かつてないほどの交渉
▽交渉加速を懸念
▽インテリジェンスはどう考えるか
2013年9月20日 第642号 ☆ひとこと速報集 31
運不運ないまぜの第二次安倍政権を象徴
キャロライン・ケネディ新駐日アメリカ大使
▽オバマさんがパートナーという不運
▽対中政策の本音がカギ
▽上院議員たちもびっくり
▽二人だけで
2013年9月12日 第641号 ☆ひとこと速報集 30
与野党カップルがほんとうは目指すもの
世耕官房副長官と民主党議員の再婚
▽「機密漏洩か」と、どっとメールや書き込み
▽基本は「余計なお世話」
▽記憶に残る電話
▽ほんとうの理由
▽潮流とともに
2013年9月11日 第640号 ☆ひとこと速報集 29
正体がばれたオバマ大統領
2013年8月30日 第639号 ☆ひとこと速報集 28
戦わざるアメリカ大統領の「戦争」
イギリスの「断念」はあらかじめ決まっていた
▽不要な動議
▽やっても中東は混迷のまま
▽初めての質問
▽聞いて呆れる
▽「死なない戦争」は続ける
2013年8月20日 第638号 ☆ひとこと速報集 27
NYでみるアメリカの本音(続)
力を喪っている政治
▽個性を消した大統領という現実
▽半端な政策ばかり
▽人材の払底(ふってい)
▽政治の分裂
▽日本の困惑
2013年8月19日 第637号 ニューヨーク発☆ひとこと速報集 26
NYでみるアメリカの本音
そして日本外交官の本音…安倍嫌い
▽NYとDC
▽アメリカの経済政策(金融政策)
2013年8月14日
第636号 ニューヨーク発 ☆特集 参院選後の日本をどうする その3
具体化に動き出した法人への実効減税
国民への現金給付、所得減税もまな板の上に
消費増税の実行が前提
メディアへのリークで観測気球
▽法人減税の幅まで数字で指定して首相が指示
▽財務省は自民党、首長を巻き込み阻止工作
▽首相の目標は「次期通常国会に法人減税法案の提出」
▽現金給付や所得減税も検討
▽早ければ9月中に決断、そして発表
2013年8月12日
第635号 ニューヨーク発 ☆ひとこと速報集 25
イスラエル・イラン戦争の危機はどうなる
2013年8月8日 第634号 ☆特集 参院選後の日本をどうする その2
課題を見渡してみよう
まず消費増税
▽安倍総理の本心
▽もはや反対論の時機にあらず
▽曲学阿世
▽現実へのそれぞれの準備こそ必要
2013年7月26日 第633号 ☆特集 参院選後の日本をどうする その1
中長期を見通せる政権の登場
まず真のリスクは何か
▽根っこにリスクふたつ
▽なぜ眠れるのか
▽日本政治の背負う異様なリスク
▽自民党がリスクそのもの
2013年7月19日 第632号 ☆速報 参院選終盤の真実(下)
低調選挙が国運を左右して良いか
本質を問う有権者に
▽三重の逆説
▽沖縄の真実
▽世論操作
▽選挙の未来
2013年7月18日 第631号 ☆速報 参院選終盤の真実(上)
官邸首脳陣に直に聞く
参院選のほんとうの情勢
▽トップの不仲
▽自民の陰りを象徴する4選挙区
▽山形の反乱
▽岩手の無残
2013年7月9日 第630号 ☆ひとこと速報集 その24
ひとりの国士を偲ぶ
2013年7月5日 第629号 ☆特集 惑星直列のあとに何が起きるか その20
われら日本国民、第二次安倍政権に何を求めるべきか(5)
▽口止めはされず
▽今日はこれだけを胸に刻んでください
▽次のちいさき努力
2013年7月1日 第628号 ☆特集 ひとこと速報集 その23      
安倍降ろしの隠れた背景
2013年7月1日 第627号 ☆ひとこと速報集 その22
北朝鮮問題と拉致事件の重大転機
2013年6月28日 第626号 ☆特集 惑星直列のあとに何が起きるか その19
われら日本国民、第二次安倍政権に何を求めるべきか(4)
▽息を呑む
▽第二次安倍政権でしかできないこと
▽はらわたを抉られて
2013年6月27日 第625号 ☆特集 惑星直列のあとに何が起きるか その18
われら日本国民、第二次安倍政権に何を求めるべきか(3)
▽嘘つきか、別の事情か
▽すぐに「面会します」
▽報われざる少女たちのために
▽日本には良心派がどこにもいる
▽暗転
2013年6月24日 第624号 ☆特集 惑星直列のあとに何が起きるか その17
われら日本国民、第二次安倍政権に何を求めるべきか(2)
▽極秘の条件提示
▽関心と懸念
▽「このひとはやる気だ」
▽知事みずからの責任
2013年6月21日 第623号 ☆特集 惑星直列のあとに何が起きるか その16
われら日本国民、第二次安倍政権に何を求めるべきか(1)
▽落ち着いて柔らかく
▽これまでと同じ総理にならないために
▽総理の体力
▽策動ふたたび
2013年6月14日 第622号 ☆ひとこと速報集 その21
2013年5月23日 第621号 ☆特集 惑星直列のあとに何が起きるか その15
第二次安倍政権のこれからを考える(4)
▽オバマ政権の不信と不安
▽活用不充分
2013年5月16日 第620号 ☆緊急速報
飯島訪朝の深層
用意されているのは別カード
▽訪朝するのは誰か
▽北の焦燥
▽甦る9月
2013年5月8日 第619号 ☆緊急速報
衆参ダブル選挙の断行を安倍総理が具体的に検討
▽もはや反論せず
▽総理の意欲
▽野党の選挙協力は瓦解、民主党は分党も
2013年5月7日 第618号 ☆特集 惑星直列のあとに何が起きるか その14
第二次安倍政権のこれからを考える(3)
▽変化を知る国民、知らないメディア。
▽クールガイも怒る
▽本気とフェイクと
▽呆れるのを通り越す誤報ぶり
▽北朝鮮に大きな利益を提供
▽第二次安倍政権の根幹のひとつ
2013年4月26日 第617号 ☆特集 惑星直列のあとに何が起きるか その13
第二次安倍政権のこれからを考える(2)
▽慎重姿勢にこそ、つけ込まれた
▽やはり現れている君側の奸
▽伏線どおりに
▽日本国を歪めるもの
▽狙いは経済
▽情報リークと米中韓
2013年4月19日 第616号 ☆ひとこと速報集 その20
【安倍政権の現在と今後】
2013年4月11日 第615号 ☆ひとこと速報集 その19
【終わりの始まり、希望の芽】
2013年4月9日 第614号 ☆ひとこと速報集 その18
【危機の質を変えたのは誰か】
2013年4月5日 第613号 ☆特集 惑星直列のあとに何が起きるか その12
第二次安倍政権のこれからを考える(1)
▽「和歌山国際空港」の現実から浮かび上がる根っこ
▽日本は何を変えるべきなのか
▽癒着型では無理
▽安倍総理に求められるリーダー像
▽これから本番
2013年3月29日 第612号 ☆ひとこと速報集 その17
【北朝鮮よりリアルな危機とは】
2013年3月13日 第611号 ☆ひとこと速報集 その16
【いちばん大切なこと】
2013年3月13日 第610号 ☆ひとこと速報集 その15
【炎とこれから】
2013年3月8日 第609号 ☆ひとこと速報集 その14
【意外な総選挙】
2013年3月4日 第608号 ☆特集 惑星直列のあとに何が起きるか その11
第二次安倍政権を通じて2013年を展望する(下の3)
▽成長の種は3つある
▽第一の種は、新しい輸出産業
▽第二の種は、もはや成熟しきったはずのあの産業
▽あえて具体的にひとつのメーカーを考える
▽ほんとうの激変とは何か
▽強烈な新チャンス
▽「あり得ない行動」が動かした
▽はるかに巨大な第三の種
2013年3月4日 第607号 ☆特集 惑星直列のあとに何が起きるか その10
第二次安倍政権を通じて2013年を展望する(下の2)
▽ザ・ジバラに自由存す
▽従来型の資本主義は壊れている
▽「疑わしい」という問いかけ
2013年2月28日 第606号 ☆ひとこと速報集 その13
【安倍政権、油断大敵】
2013年2月14日 第605号 ☆ひとこと速報集 その12
【日本版NSCをめぐる真実】
2013年2月8日 第604号 ☆特集 惑星直列のあとに何が起きるか その9
第二次安倍政権を通じて2013年を展望する(下の1)
▽スタートにアベノミクスは効く
▽気分の回復はもはや確実
▽タブー破りが当面は効果
▽重大関心と、ふたつの無関心
2013年2月7日 第603号 ☆ひとこと速報集 その11
【海の最前線の真実】
2013年1月30日 第602号 ☆ひとこと速報集 その10
【習近平総書記が急変した真相】
2013年1月24日 第601号 ☆ひとこと速報集 その9
【アルジェリア事件の恐るべき真相】
2013年1月22日 第600号 ☆特集 惑星直列のあとに何が起きるか その8
第二次安倍政権を通じて2013年を展望する(中)
▽正体見たり
▽習近平という巨大な餌
▽根っこは責任回避
▽悲しむべき優先
▽もはや反教育
▽まず目指すのは3年半
▽救いは生徒
2013年1月18日 第599号 ☆ひとこと速報集 その8
【アルジェリアほか】
2013年1月11日 第598号 ☆ひとこと速報集 その7
【アベノミクス】
2012年12月28日 第597号 ☆ひとこと速報集 その6
【新内閣、新与党】
2012年12月27日 第596号 ☆特集 惑星直列のあとに何が起きるか その7
第二次安倍政権を通じて2013年を展望する(上)
▽ツキはあった
▽プーチンが仕掛けてくる
▽ロシアは見抜いている
▽「カネも出すが口も出す」への転換
2012年12月18日 第595号 ☆ひとこと速報集 その5
【総選挙を受けて:2】
【検証】
2012年12月17日 第594号 ☆ひとこと速報集 その4
【総選挙を受けて】
【戦い済んで、日が明けて】
2012年12月13日 第593号 ☆特集 惑星直列のあとに何が起きるか その6
総選挙終盤の真実
選挙後に何が起きるか
▽自民党は実際、これぐらいを取る
▽ほんとうに改憲を実行するか
▽維新の会が選挙後、分裂するかしないか
▽自維民、自公民はあるか
2012年12月12日 第592号 ☆ひとこと速報集 その3
【北朝鮮ロケット2】 
2012年12月12日 第591号 ☆ひとこと速報集 その2
【北朝鮮ロケット】
2012年12月11日 第590号 ☆ひとこと速報集 その1
【総選挙】
【原子力規制委】
2012年12月11日 第589号 ☆特集 惑星直列のあとに何が起きるか その5
「米中二衰」の時代が始まった(下)
時の話題より根を見たい
▽どうせ来る、妥協の日
▽自分でつくった崖から落ちる?
▽本番はその先
▽今を貫くもの
2012年12月7日 第588号 ☆政局速報
サンフランシスコ発
真の焦点は「ねじれの無力化」に
総選挙の最新情勢でポイントが変化
メディアの「自民票減らし」キャンペーンも激化へ
▽「日本で地震」のニュース速報にあらためて3年3か月余の愚策を思う
▽この想像を超えた情勢は事実
▽選挙区制のもたらすもの
▽焦点がただ一点に変化
2012年12月6日
第587号 ☆特集 惑星直列のあとに何が起きるか その4
サンフランシスコ発
「米中二衰」の時代が始まった(中)
「外」にあるアメリカの衰退
「内」なる財政の崖にあらず
▽クリスマスの現実
▽オバマ流・放置外交
▽ずばり牽制
▽内より外にあり
2012年11月19日
第586号 ☆特集 惑星直列のあとに何が起きるか その3
「米中二衰」の時代が始まった(上)
米大統領選、中国共産党大会が物語る
日本国の新しい出番が用意されている
▽断裂が表れた
▽愚かな「神の子」幻想
▽二衰の時代
▽日本国民の幸運
2012年11月15日 第585号 ☆特集 惑星直列のあとに何が起きるか その2
拉致事件にチャンスありとみていた野田総理
追い詰められて解散宣言
▽そこまで追い詰められていた
▽孤独地獄
▽子供の教育に悪い教師
▽チャンスとみていた野田総理
▽売り込み失敗
▽二元外交と批判すれば済むのか
▽我が意を得たり…ではない
▽一瞬の呼び捨てに込めた義憤
▽偽の多チャンネル
2012年11月12日 第584号 ★政局速報 野田総理のギャンブル
狙いはアメリカ、財界、そしてプラスアルファ
野田総理がTPPを材料に賭けに出た
▽日本の総理の命運を決めるのはアメリカ?
▽ある諫言
▽哀しき探りあい
▽二審無罪のもたらすもの
2012年11月9日 第583号 ☆新特集 惑星直列のあとに何が起きるか その1
米中韓のリーダー選びは拉致事件も変える
▽残虐なパラドックス
▽予防措置としての起用だった
▽直接に聞く
2012年10月30日 第582号 ☆特集 危機には根があり千変万化する その16
ふたつの衝撃
石原・橋下両スターの連携をめぐって
▽橋下徹さんの他に見られない個性
▽信じがたい闇
▽安倍自民党は安泰ではない
2012年10月24日 第581号 ☆政局速報
焦点は解散ではなく内閣総辞職
自民執行部も熟知
「細野首相による総選挙」狙い
▽「おまえにだけは解散をやらせない」
▽前原発言の裏の真実
▽「細野でOK」
▽8月30日と12月9日
2012年10月19日
第580号 ☆特集 危機には根があり千変万化する その15
「松原切り」のもう一つの真相
田中慶秋問題に表れた政権の実情
▽むしろ条件だった
▽これが今の日本政治のレベル
▽多チャンネルの交渉
2012年10月12日 第579号 ☆特集 危機には根があり千変万化する その14
拉致被害者はどうすれば取り返せるか
「松原切り」をめぐる真相
▽笑うこともできない
▽日本国民を誤認している
▽やりようは実はある
▽ここまではグル
2012年10月5日 第578号 ☆特集 危機には根があり千変万化する その13
野田総理の集めるインテリジェンス(機密情報)とは何か
隠れた焦点は「前原外し」
▽記録更新へ
▽総理はなぜ、そうせねばならないのか
▽奇妙な代役
▽臣下としての総理
▽六本木で繰り返される密会
2012年9月28日 第577号 ☆政局速報その2
早くも苦悩の始まり
政権交代をにらむ党人事
「政界は一寸先は闇」の怖さも
▽僭越でも申さねばならなかった進言
▽喜ぶ中韓
▽憲法も集団的自衛権も
▽あえて置くふたり
▽甘いにもほどがある
2012年9月14日 第576号 ☆政局速報
ダブル党首選の内実
誰が勝つかより、選挙後が焦点の民主党
地方優位の異例の戦いが自民党
▽プーチン頼みも空し?
▽たった99票
2012年9月14日 第575号 ☆速報中東
民衆暴動はみせかけ、実態は新たなテロ戦争
アメリカの駐リビア大使ら死亡の真の経緯
日本と世界に重大な影響
▽タイミングを合わせてきたテロ組織
▽情報力に長けたテロ組織
▽アメリカが中東から叩き出される?
2012年9月5日 第574号 ☆速報 尖閣を国が購入の裏
背後に外務省および岡田副総理と中国の圧力
尖閣諸島を一転、国が購入する真相
▽カネと脅し
▽岡田副総理がキーマン
▽永遠に消えない事実
2012年8月29日 第573号 ボストン発・速報 アメリカは大統領選で甦るか
日本に自立への転機
1ドル1円時代をみずから創れ
マスメディアの常套句を信じるな
▽自覚的な有権者だからこそ見抜く
▽2014年から15年にかけアメリカに凋落危機
▽常套句をやめよ
2012年8月27日 第572号 ☆特集 危機には根があり千変万化する その12
まず根幹を見よう
日本の国家と国民が目覚めるために
▽セイクレッド・ランド
▽先の大戦とは何か
▽ジャーナリスト、評論家、学者の多数派とは
▽底力と出番
2012年8月20日 第571号 ☆特集 危機には根があり千変万化する その11
愚者が日本国民を目覚めさせた
しかし国内親韓派、韓国、国連事務総長による奸計も
外務官僚の豹変には失笑
▽一夜にして豹変
▽4つの問いかけ
▽国連トップに外務官僚を就けた韓国の工作
▽ふたつのニュース記事
2012年8月9日 第570号 ☆政局速報
解散・総選挙いまだ決せず
公明党が決めた「合意もどき」
解散よりクビが問題
▽公明党に降参
▽解散問題よりクビ問題
2012年8月9日 第569号 ☆日本の希望速報 その3
コップ小さくして弊は大なり
しかし9月には新しい航海へ
▽目の前が開けてゆく
▽拒絶の姿勢が一変
▽9月に初の専従航海
2012年8月7日 第568号 ☆日本の希望速報 その2
日本海メタンハイドレート連合が前進
新潟、兵庫、京都と独研との連携でスタートへ
▽まるで当たり前のように減額
▽一致する構想
▽驚くべき積極姿勢
▽今年度の補正予算で!
▽メリットをめぐる考えも一致
2012年7月25日 第567号 ☆日本の希望 速報
驚くべき進展
日本海側の知事6人で「MH(メタンハイドレート)連合」
太平洋側のメタンハイドレートでもフェアな調査へ
▽速報をお手元に
▽挨拶もそこそこに
▽6人の武者
▽いくつものメリット
▽もうひとりの武者
▽隠されている塊
2012年7月23日 第566号 ☆日本の希望調査報告 その2のための序説
和歌山県ともメタンハイドレート連携調査の準備を開始
太平洋側でも、やり方によって希望が膨らむ
▽型破りの首長たち
▽太平洋の希望も議論
▽小沢新党に意味なし、中期見通しに意味あり
▽3つの航海を初めて正確に報告
▽活かされた船長の経験
2012年7月17日 第565号 ☆特集 危機には根があり千変万化する その10
北朝鮮に想定外の異変
軍と党が激突の可能性
金正日時代にはなかった事態
拉致解決への糸口に活用すべき
▽あえて敬称なし
▽クーデターの可能性を膨らませる
▽生々しい気配
▽前原政調会長の情報
▽新たなテロ作戦も
▽何をすべきか
2012年7月5日
第564号 ★速報
8月9日に参院で野田総理への問責決議可決の見通し
そこで国会は機能停止、衆院解散に向かう可能性
総選挙は9月末までに挙行も
▽8月3日に可決、成立へ
▽運命の8月9日か
▽投票日は9月30日が筆頭候補に
2012年6月29日 第563号 ☆特集 危機には根があり千変万化する その9
日本政治に今、ほんとうは何が起きているか (ロ)
小沢・輿石会談の真実はなにか
▽小沢側から情報漏れ
▽そもそもは野田さんも…
▽深刻な4つの事情
▽双方の隠された妥協案
▽言語道断
▽急な多弁
2012年6月22日 第562号 ☆日本の希望調査報告 その1
まず有望海域を確認
▽小沢新党に意味なし、中期見通しに意味あり
▽3つの航海を初めて正確に報告
▽活かされた船長の経験
2012年6月7日 第561号 ☆特集 危機には根があり千変万化する その8
日本政治に今、ほんとうは何が起きているか(イ)
見抜かれた野田総理の正体
▽奇妙にして稚拙
▽電話その1
▽電話その2
▽総理の口から思わず…
▽見抜かれた!
2012年6月6日 第560号 ★速報
【日本海上の調査船「たじま」発】
日本海の兵庫県の海域にも、有望海域を発見
結晶状(かたまり)のメタン・ハイドレート
引き続き詳細調査へ
2012年6月6日 第559号 ☆特集 危機には根があり千変万化する その7
【日本海上の調査船「たじま」発】
現地の議論に見るアラブの春の現実(下)
▽春の意味を掴めないヨーロッパ
▽テロ思想から脱する民衆
▽日本の出番
2012年6月4日 第558号 ☆特集 危機には根があり千変万化する その6
現地の議論に見るアラブの春の現実(上)
▽春のガスを抜く
▽初めて見た本音
▽意義あるドタキャン
▽英国の中東への関心
▽王族は変わらず
▽シリアの孤立
2012年6月4日 第557号 ☆特集 危機には根があり千変万化する その5
希望の航海へ
日本海のメタンハイドレートで新しい挑戦ふたつ
原子力災害の危機を好機に変えよ
▽両面を活かす
▽トライアル・アンド・エラー
▽祖国の新生
2012年5月22日 第556号 ☆特集 危機には根があり千変万化する その4
目を覆う現場
危機の根は皮肉にも「民主主義」
同時に独裁主義にも新しい危機
▽トランク一杯に紙幣を詰めてパン屋へ
▽誰かがビッグ・プランを出してくれ
▽民主主義の暗澹たる皮肉
▽独裁主義にも皮肉な危機
2012年5月21日 第555号 ☆特集 危機には根があり千変万化する その3
眼前に見たヨーロッパ経済危機の今日と明日
ギリシャ経済を切り離せないなら破滅的な展開も
▽危機の根は財政赤字にあらず
▽ドイツ自動車産業にリアルに学ぶ
▽電力不安の経済上の本質とは
▽その経済にエンジンはあるか
▽アテネの現場、ドーハの現場
2012年5月21日 第554号 ☆特集 危機には根があり千変万化する その2
ナマの現場で日本国はどうしているか
▽差がくっきりと顕れる現場
▽当事国のすべて
▽国民の知らない素顔
▽知ったかぶりは相手せず
▽リアル・ワールド
▽暗中に去来するもの
2012年5月11日 第553号 ☆特集 危機には根があり千変万化する その1
たとえば「ゴールデンウィーク」を疑う
日本の病根はどこにあり、世界の危機となぜ繋がるか
▽4.28そして5.15
▽そして5.3
▽こうして拉致事件という危機と繋がる
▽根が変わらないものこそ変化する
▽議論と行動
2012年5月1日 第552号 ☆特集 世界連鎖危機 その6
小沢無罪判決に繋がる知られざる深層(完)
▽いまでも同じく部屋を出る
▽正反対の検事人生
▽小沢さんにとって政策とは何か
▽小沢裁判にストレートに通じている
▽分かれ目
2012年5月1日 第551号 ☆特集 世界連鎖危機 その5
小沢無罪判決に繋がる知られざる深層(続き)
▽1円も払っていない
▽すべて小沢事務所が支払った
▽「小沢指示」がないはずはない
2012年4月30日 第550号 ☆特集 世界連鎖危機 その4
小沢無罪判決に繋がる知られざる深層
現在の日本政治の源流
アジアと世界に波及する危機の民主主義
▽派閥が国中を貫く
▽夜明け前の日課
▽夜討ち朝駆け
▽めざしと味噌汁
▽悪いことをするつもり
▽検察にやられない準備
▽どうやって検察に手を突っ込むか
2012年4月28日 第549号 ☆特集 世界連鎖危機 その3
小沢裁判の真実
敗北した日本の司法
隠された小沢戦術とは何だったか
アジアのあり方に影響
▽小沢被告だけを論難
▽糞便までを使った工作
▽小沢一郎の真の策略
▽ここでも連鎖
2012年4月27日
第548号 ☆特集 世界連鎖危機 その2
ミサイル発射失敗をめぐる混乱の真の闇
公表された報告にない二つの事実
日本発の連鎖危機
▽国民と政府の乖離(かいり)
▽TPPすら外交にアラズ
▽世界の時代の子
▽恐るべし…
▽実はこうして繋がっている
2012年4月23日 第547号 ☆特集 世界連鎖危機 その1
どこに着目するか
例えばフランス大統領選の真の意味
▽「アフター」ではなく「アゲイン」
▽こうして繋がっている
▽凄絶な危機と初めての好機
2012年4月13日 第546号 ★速報 ミサイル失敗
金正恩体制が不安定化へ
野田総理、田中防衛相にも大打撃
実は米中露の思惑にも狂い
▽失敗の原因
▽米中露も計算外
▽かつてない事態
2012年4月11日 第545号 沖縄の現場から、そして情報当局の深奥から
北朝鮮のミサイルと拉致をめぐる真実
▽脇が甘くなった自衛隊
▽北朝鮮の「自信」
▽アメリカの罪
2012年3月26日 第544号 南三陸の真実とは何か
語られざる日本の光
▽みたびの水没
▽「6メートル」が最後には「10メートル」に
▽「わたしのことは、いいです」
▽知られざる奇跡の11人目
▽ほんとうの真実はまだ奥にあった
2012年3月19日 第543号 2年目の真実から眼を背けるな
世界にイラン危機、日本に3つの危機
▽政治力と社会的キャパが欠けている
▽福島のリアルな現場
▽情念と保身の日本政治
▽悪夢中の悪夢
▽次の現場群
2012年3月1日 第542号 イラン危機とは本当は何か、本当はどうなる(その2)
▽売ってみろ
▽それは詐欺だ
▽懐かしいXさん
▽情報の選択こそ肝心
▽イスラエルの真の現実
▽やるのなら
2012年2月24日 第541号 イラン危機とは本当は何か、本当はどうなる(その1)
▽イランに教えたのはアメリカ
▽必ず爆撃する・・・
▽アメリカが協力する営業活動
▽ふたりの総理の重大責任
▽アメリカがイスラエルを抑えている…のではない
2012年2月1日 第540号 2012年大統領選は、アメリカ政治の劣化を決定づける
危機と好機の双方に備える日本政治が不可欠
▽やりたいこと無き人物が大統領候補
▽不毛の再選?
▽イランこそ直面する危機と好機
2012年1月31日 第539号 金正日の孫へ12月9日に「容態悪化」を連絡
背景にアメリカン・インテリジェンスの劣化
▽1枚の写真
▽赤ん坊のときから
▽浮かばれない現実
▽失われた10日間
2012年1月31日 第538号 「内閣の最大課題は、ほんとうは外交」
石原新党にクールなまなざし
政界再編に備える政府高官たち
▽「逆に聞きたい」
▽安売りはしない
▽高官に思惑ふたつ
▽漁民が情報源
2012年1月30日   番外(番外としては2012年の2回目配信)
2012年1月1日   番外
新年のごあいさつ
2011年12月31日 第537号 ☆特集 鎮魂の年から、危機と再生の新年を展望する その11
2012年を概観する(8/総論)
【包括として】
他に何が2012年を左右するか
2011年12月31日 第536号 ☆特集 鎮魂の年から、危機と再生の新年を展望する その10
2012年を概観する(7/TPP)
【外交・安全保障】( f )
TPP
▽USTRの本音
▽圧力団体の本音
▽本音の直接把握
2011年12月31日 第535号 ☆特集 鎮魂の年から、危機と再生の新年を展望する その9
2012年を概観する(6/拉致事件)
【外交・安全保障】( e )
拉致を解決するにはほんとうは何をすべきか
▽ほかに73人の国民
▽表に出す
▽追悼大会は失敗
▽キャッシュをめぐって
▽俗論に負けない
2011年12月31日 第534号 ☆特集 鎮魂の年から、危機と再生の新年を展望する その8
2012年を概観する(4/さらに北朝鮮)
【外交・安全保障】( d )
北朝鮮の軍部はどうする
▽必死の表情
▽いずれは妥協に転じる
▽真の焦り
▽砲術の天才のお追従
▽朝鮮人民軍の実情
▽テロのターゲットはどこか
2011年12月31日 第533号 ☆特集 鎮魂の年から、危機と再生の新年を展望する その7
2012年を概観する(4/北朝鮮の続き)
【外交・安全保障】( c )
朝鮮半島はどうなる
▽世の常識でふつうに見よう
▽偽装の軍隊
▽虚像を拝する
▽6人の兵士
2011年12月28日 第532号 ☆特集 鎮魂の年から、危機と再生の新年を展望する その6
2012年を概観する(3/北朝鮮)
【外交・安全保障】(b)
発表は事実か
▽来るべきものが来た
▽官邸不信国家
▽本人がいちばん計算外
▽保身の怖さ
▽教育の怖さ
▽中朝はやはり深い関係
2011年12月13日 第531号 ☆特集 鎮魂の年から、危機と再生の新年を展望する その5
2012年を概観する(2/国内政局)
【国内政局】
解散・総選挙
野田政権の行方
▽どうしても代償がいる
▽また1年、持たないか
2011年12月13日 第530号 ☆特集 鎮魂の年から、危機と再生の新年を展望する その4
2012年を概観する(1/中東)
【外交・安全保障】(a)
中東
▽ほんとうに喜んでいるのは「ブラザー」
▽それぞれの偽の春
▽ノー・リターン
▽情報はなぜ上がらないか
2011年12月12日 第529号 ☆特集 鎮魂の年から、危機と再生の新年を展望する その3
サンフランシスコ発
世界は日本の「次」に備える
ほんとうは日本国民、日本企業に凄絶なリスク
国際学会では「東日本大震災の再来」を前提に議論
日本国内の認識と大きなズレ
▽日本への5つの心配
▽大阪都構想の背景にあるもの
▽あまりに恐ろしい現実
▽日本だからこそ期待される
▽もうひとつの期待と役割
2011年12月12日 第528号 ☆特集 鎮魂の年から、危機と再生の新年を展望する その2
サンフランシスコ発
新年に「建国以来、屈指の危機」の怖れも
真珠湾攻撃70年を見送りつつ
▽植民地支配を肯定する看板
▽ウォー・ルームに残る真実
▽単なる歴史論、外交論ではなく
▽今上陛下のご決意
▽語られざる事ども
▽いま何をすべきか
▽中国の根本戦略
2011年12月9日 第527号 ☆特集 鎮魂の年から、危機と再生の新年を展望する その1
サンフランシスコ発
国際学会で考える、「資源大国・日本」に向けた2012年
教育を変えて国民の意識を変える
▽資源をめぐる教育こそを変える
▽国際社会の眼
▽「さぞ話題に」
▽重い腰を押すのは誰か
▽われらの責任
2011年12月2日   番外
2011年11月21日 第526号 ★速報 大阪ダブル選
橋下ショックが来る
世論調査より「期日前投票の出口調査」
注目の大阪知事選・市長選の実際の情勢とは
▽橋下ショックに備える
2011年11月18日 第525号 ☆特集 闇と光 その4
日本の希望を護るために福島のたった今を問う(上)
原子力災害への関心が低下
「新しい無関心」が「根拠なき不安」と併存
現状を放置すれば経済も社会も破壊する
▽「原発は飽いた」
▽その光
▽この闇
▽さらなる闇
▽保身が日本を貶める
2011年11月2日 第524号 ★速報 福島第1原発で再臨界?
核分裂と再臨界は異なる
冷静な監視が不可欠
▽続かないのなら再臨界にあらず
▽仮説が証明された可能性も
▽確実に冷やせているか、中性子線は出ていないか
独立総合研究所